Case

症例紹介

セラミック治療2024.5

セラミック治療ホワイトニング
来院理由 前歯を綺麗にしたい
治療期間・回数 7ヶ月・8回
治療方法・背景 左上前歯が小学6年生の時に欠けて被せ物になり色味や欠けている部分が気になっており、前歯の審美的な改善を求められ来院されました。

まず歯の健康状態を確認するため、全体のお口の中の写真とレントゲン、気になる歯に問題が生じていないか診断をするため3次元で立体的に画像をとらえるCT撮影を行い、根管治療からスタートさせました。

ご本人が歯の審美に大変興味がおありで、ホワイトニングで歯全体を白くしたのち、その白さに合わせたセラミック治療を行い「誰が見ても美しい歯」を意識した治療を行いました。

治療中は何度も歯の色味について特にご相談させてもらい、お求めになるレベルは高かったのですが満足していただき喜んでいただけたようで、大変嬉しく思います。

治療後の現在は、定期的に歯科衛生士のメンテナンスに通われており良い状態を保っておられます。
費用 オールセラミックプラス × 1本 176,000 × 1本 
プロビジョナル × 1本 11,000 × 1本 
コンポジット充填× 1本 44,000 × 1本 
ホームホワイトニング 33,000
--------------------------
計 264,000
デメリット・注意点 審美治療・セラミック治療のリスク:
・欠ける、壊れる可能性があります。
・セラミックは一生ものではありません。二次虫歯が生じたり、歯周病で歯茎が下がり審美的な問題が出てきたときには、セラミックの交換が必要になることがあります。

Page Top