ウェルネス心斎橋歯科

 

小児歯科



子供の歯について

私達の体は、食べ物から得られる栄養でできています。この食べ物をいただくためには、健康な歯が必要です。
大切なお子様が、一生涯に渡り ご自身の健康な歯で生きられるようにご両親の手で大切に守ってあげましょう。

健康な歯は、お子様の未来への何よりの贈り物です。
小児歯科|ウェルネスデンタルクリニック

はじめての乳歯は生後約6ヶ月ごろ下あごの前歯に生えてきます。
2歳半から3歳ごろに乳歯列が完成します。
そして6歳ごろに下の前歯の永久歯の交換とともに抜け始め、小学校の高学年ごろに全部抜け落ちます。

ここで大切なのは、乳歯は永久歯が生えるまでの代用品ではないということ。
乳歯の存在が、顎の発達、顔の輪郭の形成、身体の発育、永久歯の歯並びなどにも影響します。
乳歯のむし歯は永久歯の歯並びを悪くするだけでなく、かみ合わせが悪くなる原因にもなりかねます。
乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯に悪い影響が出てこの先歯のことで苦しむことになりかねませんので、 永久歯がきちんと生え揃うまで虫歯にならないように、見守らせていただきたいと思っています。

もし乳歯に虫歯ができてしまったら、それをしっかり治すと同時に 虫歯を作ってしまった原因(お菓子、食事の仕方やブラッシング、フロスの仕方など)を改善して、 永久歯に同じことが起こらないように一緒に取り組んでいきましょう。

診査について

お口の中をしっかりと見るためにパノラマ写真(お口全体のレントゲン写真) とバイトウイング(かみ合わせてとるレントゲン写真)を撮ります。

パノラマ写真(お口全体のレントゲン写真)

永久歯がしっかりとできているかどうかまたうまく生え変わっているかをチェックします。 まれですが、永久歯がつくられないままの方を見つけることもできます。

Case.1

パノラマ写真1|ウェルネスデンタルクリニック
乳歯の下に永久歯のできてきている様子がわかります。
まれに、生まれつき永久歯が何本かできないということもあります。

Case.2

パノラマ写真2|ウェルネスデンタルクリニック
乳歯の下に永久歯の無いところがあります。
永久歯の数をチェックすることができます。

バイトウイング(口翼法)

奥歯でカチンと咬み合わせた状態で撮るレントゲン写真で、 奥歯のように発見しにくい歯と歯の間に虫歯がないかチェックする方法です。

バイトウイング1|ウェルネスデンタルクリニック
むし歯なし! OKです。

バイトウイング2|ウェルネスデンタルクリニック
隣り合うところに虫歯が見つかりました。

うちの子はすぐ泣くので写真が上手く撮れないかもしれない! と心配な方は・・・
当院では、レーザー虫歯診断器(ダイアグノデント)でも、虫歯診査を行っています。

ダイアグノデントは、歯に当てたレーザー光の反射を解析し、数値と音色に置き換えて読み取り、 歯質の変化、虫歯の深さを調べます。
視診、ダイアグノデント診断、必要に応じてX線検査を組み合わせることにより、 治療が必要か経過観察でもよいか判断ができ必要以上の治療をしなくても良い利点があります。
安全なレーザー光を使用するため小さなお子様や妊娠中のかたにも安全に虫歯の検査が出来ます。

治療と予防

診査で虫歯が見つかれば、それぞれの状態にあわせた最適な治療を進めていきます。
虫歯がなければシーラント、フッ素塗布などの予防処置を行います。

シーラント

奥歯には溝があるため溝に入った汚れを落としきれず虫歯になってしまうことが多いため、 虫歯にならないように溝に樹脂を詰めて、虫歯を予防する方法です(歯は削りません)。

通常の歯|ウェルネスデンタルクリニック シーラント済みの歯|ウェルネスデンタルクリニック
通常の歯
歯の溝が
虫歯になりやすい
  シーラント済みの歯
歯の溝にフッ素で
埋めているので
虫歯になりにくい

フッ素塗布

子供の歯は歯質が未熟で柔らかいことに加え、
一般的に甘い物好きですので成人に比べて虫歯になりやすいと言えます。
ブラッシングの習慣づけは大切なことでとても有効ですが、それでも虫歯を完全に防ぐのは難しいことです。
フッ素を塗布することで、虫歯予防効果の向上を期待できます。

フッ素の効果

〇 歯の質を強くする
〇 歯の修復を進める

初期の虫歯には一度溶けてしまったエナメル質が、再び結晶化するように促進する働きがあります。

〇 歯垢(プラーク)の生成を抑える

歯垢の中にとどまって虫歯菌の活性を阻害し、酸を作らせないようにする働きがある。

当院では、専門的なクリーニングの後に濃度の高いフッ素を塗布します。

又、歯科衛生士によるブラッシング指導、ブラシの当て方、おやつ、間食指導など生活習慣からくるリスク、 その年齢に合わせたブラッシングの注意点や予防方法をお子様とお母様の両方にお伝えします!

6歳臼歯が生えてきたら

6歳臼歯が生えてきたら|ウェルネスデンタルクリニック 6歳臼歯は最初に生える永久歯であり、 噛み合わせの要となるもっとも虫歯にしてはいけない大切な歯です。 当院では永久歯が生えてきたら1本1本を虫歯にならないよう、 担当の歯科衛生士がきめ細かく大切にケアします。

目標は、
「虫歯ゼロで正しい生え変わり」
「虫歯になりにくいお口づくり」
「正しい歯磨き習慣の確立」 です。

6歳臼歯について

6歳臼歯について|ウェルネスデンタルクリニック 6歳臼歯は最初に生える永久歯で噛み合わせの要の歯です。
しかし、下の6歳臼歯が生え始めてから5年間で 虫歯になってしまう子供は実に8割以上にもなります。
6歳臼歯はとても虫歯になりやすい歯で、 自宅での歯磨きだけではほとんど虫歯になってしまいます。

6歳臼歯が虫歯になりやすい理由

〇 虫歯になりやすい歯質
〇 生え始めの歯は柔かく、酸に弱い
〇 噛み合わせの溝が深く歯ブラシが奥まで届かない
〇 虫歯になりやすい環境
〇 乳歯の奥に生えるので生えたことに気付きにくい
〇 生え初めから生え終わるまで1年6ヶ月かかる

しかし見方を変えると最も虫歯になるリスクの高い生え変わりの時期に虫歯を作らずに過ごせれば、 その後虫歯に悩む確率は随分低くなり「虫歯に強い大人」になれるのです。
前歯が揺れ始めたら6歳臼歯が生える時期です。

生え始めの集中ケア

生え始めの歯はまだ未熟で柔らかい未完成の状態なので、その間に歯質を強化し、 虫歯菌を遠ざけて虫歯を防ぐことができれば、一生モノの強い歯にすることが可能です。
保護者の意識と行動で子供の未来を変えることができるのです。
是非この大切な時期に虫歯にならないよう集中ケアし、一生喜ばれる最高のプレゼントにしてください。

虫歯予防

唾液検査でお子さんのリスクを調べ、リスクに応じてPMTCや3DSを行います。
例えば、お子さんが甘いものが大好き、保護者の方が忙しく上手に仕上げ磨きできないという場合なども 3DSで虫歯菌を除菌してあげることはとても有効な手段です。
虫歯菌は大人から子供へと感染(垂直感染)しますので、ご家族の方も一緒に行うとより効果的です。

PMTC:歯の汚れを専用機器できれいにクリーニングします。

3DS:虫歯菌や歯周病菌を除菌する治療法で特に虫歯や歯周病になり易い人に効果があります。

唾液検査

虫歯になりやすい奥歯の溝を、プラスチックでコーティングする方法。
おすすめです。(保険適応の治療です)

フッ素塗布

市販のものよりフッ素濃度の高い「医療用のフッ素」を歯の表面に塗布します。
フッ素を未完成な子供の歯に浸透させることで、「一生強い歯」をつくります。

歯磨き指導・キシリトール

虫歯ゼロを目指すには、歯科医院での処置だけでは難しく、
やはり毎日の自宅でのお口のケアが大切です。
歯磨きや仕上げ磨きのポイント、キシリトールによる虫歯予防法など、
日々の生活の中でのちょっとした工夫で虫歯リスクを下げる方法を説明、指導しています。

治療

子供の歯の治療は大変難しいものです。
虫歯の進み具合を見極めて、治療するほうが良い場合は治療を行いますが、
初期の虫歯は削らず進行しないような処置を行います。
また治療の時に泣いてしまわないように始まる前に、
歯科衛生士がゆっくりとお話をしてから治療を行います。