ウェルネス心斎橋歯科

アクセス / ウェルネス心斎橋歯科
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-4-5 御堂筋ビル4F

Tel. 06 - 6281 - 8555

  小児矯正  


小児矯正をお薦めする理由

歯列矯正は何歳になってからでも行えますが、子供の時期から始める事により、より理想的な治療を行う事が可能です。
その理由は、大人は顎の成長が終わっていますが、子供は顎が成長段階の為、その成長を利用する事で上下顎の大きさや前後的な位置のバランス、歯の大きさに対する顎の大きさのバランスなどをある程度コントロールすることが可能だからです。

顎の骨の適応能力が旺盛な時期である6歳〜10歳位までの間に行うと特に有効で、顔や顎の成長が終了してからでは治らないような場合も多くあります。
矯正治療の必要性を判断するには、より専門的な知識が必要になるため、学校検診などでは見過ごされてしまう場合が多くあります。
お子様が小学校に入学された頃(7歳頃までには)一度、専門医ののチェックを受ける事をお薦めします。
また、成長に合わせて顎の大きさ・形をコントロールする矯正を「第1期矯正」、永久歯が生え揃ってから行う矯正を「第2期矯正」と呼び、「第1・2期矯正」両方行う事が理想です。


以下の場合には、小児矯正を行う事により、特に大きな治療効果が期待できます。

顎が左右どちらかにずれている場合
受け口(下の前歯が上の前歯より前に出ている)
極度の出っ歯
開咬(噛んだ時に上と下の前歯が噛み合わず隙間がある)
顎が極端に小さい場合
乳歯の位置が悪く、永久歯の位置も悪くなりそうな可能性がある場合