ウェルネス心斎橋歯科

アクセス / ウェルネス心斎橋歯科
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-4-5 御堂筋ビル4F

Tel. 06 - 6281 - 8555

  知覚過敏  


知覚過敏とは

知覚過敏とは、むし歯や歯の神経に炎症がないのに歯がしみたり痛いという症状です。
冷たい飲み物を飲んだり、甘いものや酸味の強いものを食べた時や、
歯ブラシの毛先が触れた時にしみたり、痛みを感じます。

歯の上部(歯ぐきから露出している部分)はもともと硬いエナメル質で覆われています。
冷たい飲み物を飲んだり、甘いもの、酸味の強いものを食べたり歯ブラシの毛先などが触れても
エナメル質があれば、通常はほとんど痛みを感じることはありません。
しかしいろんな原因でエナメル質が無くなったり、
歯ぐきが後退すると象牙質が露出して直接触れることになり痛みを感じます。

原因と治療法

知覚過敏の原因にはいろいろありますが、
次のような場合には知覚過敏を起しやすくなりますのでそれぞれ適切な処置をします。

  1. 歯周病により、歯ぐきが後退している

    この場合はまず歯周病の治療を行います。

  2. 歯根を歯ブラシで強く磨いたり、研磨剤入りの歯磨きを使用している

    この場合は歯の磨き方をアドバイスし進行を抑えるようにします。
    また再石灰化に効果の期待できる薬剤をお勧めすることもあります。

  3. 歯ぎしり等で表面のエナメル質が無くなっている

    この場合は噛み合わせの調整をしたりマウスピースをお勧めします。

各原因に共通して言えることですが、痛みのある場合はその部分に
コーティング剤を塗布したり、樹脂で埋めたりします。

症状や程度により治療内容が異なりますので、早目に来院の上ご相談されることをお勧めします。

予防法

  1. お口の中を常にきれいに保ち、歯垢が付着した時は早めに取り除く。
  2. 研磨剤入りの歯磨きの使用は避け、強く磨かないように気を付ける。
  3. 歯ぎしりのある場合は就寝前にマウスピースを着用する。